採用情報

医療事務急募

放射線技師募集中

休診日・カレンダー

よくある質問

受診するには

アクセス

〒107-0062
東京都港区南青山5-6-24番
南青山ステラハウス3階

東京メトロ 千代田線・銀座線・半蔵門線「表参道駅」
B3出口より徒歩すぐ

≫詳しいアクセスはこちら

アクセス

  • 陥入爪(巻き爪)
  • 爪甲肥厚
  • 爪白癬(爪水虫)
  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • ハンマートゥ
  • クロートゥ
  • マレットトゥ
  • 外反扁平足
  • ハイアーチ
  • 足底筋膜炎
  • アキレス腱付着部炎
  • 後脛骨腱炎
  • 変形性足関節症
  • 趾関節炎
  • 痛風
  • 偽通風
  • リウマチによる関節炎
  • 外脛骨によるもの
  • 種子骨炎
  • 三角骨による痛み
  • 白癬(水虫)
  • 皮膚炎
  • 多汗症
  • 胼胝(たこ、べんち)
  • 鶏眼(うおのめ)
  • ウイルス性いぼ
  • 糖尿病性末梢神経障害
  • 足根菅症候群
  • モートン神経腫
  • 足の変形による神経の圧迫
  • 軟部腫瘍
  • 黒子(ほくろ)
  • 糖尿病性足壊疽
  • 静脈性潰瘍
  • 虚血肢(動脈性潰瘍)
  • ガングリオン
  • 外骨腫
  • 動脈性足潰瘍
  • 静脈性足潰瘍
  • 足根洞症候群
  • 足根管症候群

お問い合わせはこちら

BEAR HUG

足の診療所トップページ > 体外衝撃波とは

体外衝撃波治療(extracorporeal shock wave therapy : ESWT)は足底筋膜炎で悩む患者様のために、足の診療所が東京都で初めて導入した新治療です。
足の診療所では、ドルニエ エイポス ウルトラ(独 ドルニエメドテックシステムズ社)の体外衝撃波装置を完備しています。


体外衝撃波を足底筋膜炎の痛みのある部位にあてることで、痛みの除去と組織の修復を促すためと考えられています。
① 痛みの神経終末を変性させるとともに疼痛伝達物質を減少させて中枢への疼痛伝導を抑制する(「痛い」という刺激が脳へ伝わるのをブロックします。)
② 血管新生を促進し組織を修復させる
(もともと筋膜は血流の少ない組織です。衝撃波をあてることで、患部の血流を増やし、受けたダメージを早くなおします。)



国際衝撃波治療学会では、以下の疾患に適応しているとしています。
1)足底腱膜炎
2)アキレス腱炎
3)アキレス腱付着部炎
4)膝盞腱炎
5)上腕骨外上顆炎
6)石灰沈着性腱板炎
7)腱板炎
8)大転子部痛
9)偽関節
10)疲労骨折
11)早期の無腐性骨折壊死
12)早期の離断性骨軟骨炎
                    ドルニエメドテックシステムズ社提供




① 診察
まずは通常通り診察を受けていただき、フットスクリーニングやレントゲン、超音波検査、必要に応じてMRI等を撮っていただき、適応があれば衝撃波治療の日を相談して決めていきます。


② 衝撃波治療スタート
素足になって、寝た状態で治療を行います。
寝ながら行えるため、身体の負担はほとんどありません。
麻酔をうつこともありません。リラックスしてのぞみましょう!
超音波で患部を直接観察し、衝撃波の照射部位を決定し、衝撃波の照射を開始します。
衝撃波のエネルギー量と照射速度を徐々に上げていき、設定したエネルギー量に達するまで治療を行います。約30分程度で終了します。


③ 再診
衝撃波治療後、足に変わりがないか医師が確認します。衝撃波治療は基本は1回程度ですが、1回で効果が得られない等の場合、医師と相談の上で期間をあけて行うこともあります。



平均的な治療効果は60%〜80%と言われていますが、病状によっては治療効果や治癒期間が異なります。例えば踵骨骨棘(かかとの骨に付着している腱膜の石灰化のこと。足底筋膜炎が悪化した方によく見られる)で治療成績に差があることや、足を酷使することの多いアスリートより普通の患者さんの方が治りが良いという報告もあります。



足底筋膜炎は結果としての病状であり、原因は日常生活もしくは足の構造そのものにある可能性が高いと言われています。このため、足の診療所では足底筋膜炎がなぜ起こったのかをアセスメントし、再発予防のためのアドバイスなども行なっています。



足や身体への副作用はほとんどありませんが、下記のような影響がある場合もあります。
① 治療中や治療後の痛み
② 衝撃波照射部位の腫れや点状の出血など
③ 神経にエネルギーが集中した場合の知覚低下や異常知覚もしくは神経性の痛み
④ 湿疹
⑤ 腱・腱膜への障害
⑥ 骨への障害



難治性の足底筋膜炎



保険適用(3割負担で¥15,000)
※個人でご加入されている医療保険で給付対象となる場合がございますので、事前に受付でご確認下さい





Page top