採用情報

医療事務急募

放射線技師募集中

休診日・カレンダー

よくある質問

受診するには

アクセス

〒107-0062
東京都港区南青山5-6-24番
南青山ステラハウス3階

東京メトロ 千代田線・銀座線・半蔵門線「表参道駅」
B3出口より徒歩すぐ

≫詳しいアクセスはこちら

アクセス

  • 陥入爪(巻き爪)
  • 爪甲肥厚
  • 爪白癬(爪水虫)
  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • ハンマートゥ
  • クロートゥ
  • マレットトゥ
  • 外反扁平足
  • ハイアーチ
  • 足底筋膜炎
  • アキレス腱付着部炎
  • 後脛骨腱炎
  • 変形性足関節症
  • 趾関節炎
  • 痛風
  • 偽通風
  • リウマチによる関節炎
  • 外脛骨によるもの
  • 種子骨炎
  • 三角骨による痛み
  • 足根洞症候群
  • 白癬(水虫)
  • 皮膚炎
  • 多汗症
  • 胼胝(たこ、べんち)
  • 鶏眼(うおのめ)
  • ウイルス性いぼ
  • 糖尿病性末梢神経障害
  • 足根菅症候群
  • モートン神経腫
  • 足の変形による神経の圧迫
  • 軟部腫瘍
  • 黒子(ほくろ)
  • 糖尿病性足壊疽
  • 静脈性潰瘍
  • 虚血肢(動脈性潰瘍)
  • ガングリオン
  • 外骨腫
  • 動脈性足潰瘍
  • 静脈性足潰瘍
  • 足根洞症候群
  • 足根管症候群

お問い合わせはこちら

BEAR HUG

足の裏を支配する神経(脛骨神経)は、アキレス腱の横から内踝(うちくるぶし)の下を通り、そこから枝分かれ(足底神経)して足の裏に分布します。内踝の下の部分を足根管といい、分岐する前の脛骨神経が何らかの原因により、ここで圧迫をうけると足の裏に違和感や激痛を生じます。ただし、脛骨神経から踵へ分岐する神経は足根管を通らないため「足根管症候群は踵に症状がない」のが特徴です。

脛骨神経を圧迫する様々な原因により発症します。
・扁平足でかかとが外側に傾き、アーチを保つことが難しくなり神経を圧迫(過度の回内など)
・静脈瘤、ガングリオン、腱の腫脹、骨棘などが神経を圧迫
・足首の捻挫などによる炎症と腫脹で神経を圧迫
・糖尿病や関節炎などが腫脹の原因となり神経を圧迫
・足根骨の癒合症により、足の内側から神経を圧迫

まずは原因の特定をします。
炎症が原因であれば、ステロイドを注射し、痛みを軽減します。
回内などが原因であれば、靴のインソールによる治療を行います。
原因が腫瘍性のものやガングリオン、関節癒合等によるもので、これらが保存的治療で症状が軽減しない場合、手術により神経の圧迫を解除します。

・安静と冷却
・消炎鎮痛剤
・負担のかからない靴への変更

原因により予防も様々ですが、まずは市販のインソールと、足への負担がかかりにくい靴の使用が重要です。




Page top