採用情報

医療事務急募

放射線技師募集中

休診日・カレンダー

よくある質問

受診するには

アクセス

〒107-0062
東京都港区南青山5-6-24番
南青山ステラハウス3階

東京メトロ 千代田線・銀座線・半蔵門線「表参道駅」
B3出口より徒歩すぐ

≫詳しいアクセスはこちら

アクセス

  • 陥入爪(巻き爪)
  • 爪甲肥厚
  • 爪白癬(爪水虫)
  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • ハンマートゥ
  • クロートゥ
  • マレットトゥ
  • 外反扁平足
  • ハイアーチ
  • 足底筋膜炎
  • アキレス腱付着部炎
  • 後脛骨腱炎
  • 変形性足関節症
  • 趾関節炎
  • 痛風
  • 偽通風
  • リウマチによる関節炎
  • 外脛骨によるもの
  • 種子骨炎
  • 三角骨による痛み
  • 足根洞症候群
  • 白癬(水虫)
  • 皮膚炎
  • 多汗症
  • 胼胝(たこ、べんち)
  • 鶏眼(うおのめ)
  • ウイルス性いぼ
  • 糖尿病性末梢神経障害
  • 足根菅症候群
  • モートン神経腫
  • 足の変形による神経の圧迫
  • 軟部腫瘍
  • 黒子(ほくろ)
  • 糖尿病性足壊疽
  • 静脈性潰瘍
  • 虚血肢(動脈性潰瘍)
  • ガングリオン
  • 外骨腫
  • 動脈性足潰瘍
  • 静脈性足潰瘍
  • 足根洞症候群
  • 足根管症候群

お問い合わせはこちら

BEAR HUG

動脈硬化などが原因で、頭の血管が詰まると「脳梗塞(のうこうそく)」、心臓の血管が詰まると「心筋梗塞(しんきんこうそく)」といい、命が危険な状態となります。
足の血管が詰まっても「足梗塞(あしこうそく)」とは呼びませんが、足に深い潰瘍(かいよう)を生じ、重症化すると足の切断を余儀なくされる場合があります。
足の潰瘍治療は高度な専門知識と医療技術が必要であり、小さいからといって放置せず、早めの受診をおすすめします。
動脈硬化とは広義の意味であり、足など、より末梢での病変を意味する狭義の意味での動脈硬化のことをPAD(Peripheral Arterial Disease : 末梢動脈疾患(まっしょうどうみゃくしっかん))といいます。

PADがある人で実際に症状を自覚している人はわずか半数です。
そのため、リスク要因のある人は検査を受けることが重要となります。
リスク要因には以下のようなものがあります。
・年齢が50歳以上
・喫煙している、もしくは喫煙していたことがある
・足が冷たい感じがする
・糖尿病がある
・高血圧がある
・高コレステロール血症がある
・本人もしくは家族にPAD、心疾患、心臓発作、心筋梗塞の既往がある
・運動量が少ない
PADには症状のある時と無い時があり、見逃して悪化してしまうこともあります。
PAD患者の1/3に起こる間欠性跛行(かんけつせいはこう)は、歩くと足が痛み少し休むと痛みが治まる状態で、これは動脈が詰まって足に十分な血行が行かないために起こる症状です。
さらに、PADが重症化すると、休んでも痛みが治まらないことがあり、これは重度の血流不足による安静時疼痛とよばれ、潰瘍や壊疽の危険を伴い、進行することで足の切断が必要となることもあります。

・ふくらはぎの筋肉の萎縮
・足や足指の脱毛(毛根を養うだけの血流が行き届かない)
・足指の爪が厚くなる
・皮膚に光沢が出て、つっぱる感覚がある
・足に痛みの強い潰瘍があるが、血流が無いために出血もしない。
・2ヵ月以上経過しても、できた潰瘍に小さくなる傾向がない。

・血流の確保
・潰瘍に対する局所治療
・専門医療機関における多方面からの治療

・禁煙
・コレステロール値のコントロール
・糖尿病のコントロール
・定期的な運動
※ 最も重要なことは、足への血流が十分確保されているかの確認です。PADかな?と少しでも思ったら、早期に医療機関を受診するようにしましょう。
※ 足が冷たく感じるからといって、湯たんぽなどを使用したまま寝てしまうことは非常に危険です。特に糖尿病の方は足の感覚がないため、火傷(やけど)しても気付かず、一気に足が壊死してしまうことも少なくありません。十分注意しましょう。



Page top